バスと木工というニッチニュースを探して公開。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


転載元:http://getnews.jp/archives/277668(ガジェット通信)

今ネットで話題が出ている横浜市営バスのクリスマス仕様。
その内装がえらいこっちゃと賑わっております。

ツリーから一部レンガ模様、BGMまでクリスマス仕様と力の入れようが尋常じゃない!
市営バスのイメージを覆すような取り組みですね。

個人的にはこういう遊び心もいいかなと思うのですが、
実際に利用される方はどのように感じているんでしょうね?

もっと画像を見たい方は以下をクリックしてください。

[【バス】横浜市営バスが尋常じゃないクリスマス仕様!]の続きを読む
スポンサーサイト

転載元:http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121207-00026031-r25

ロンドンの市営バスである2階建てのバス、「ロンドンバス」を都内で最近見かけるそうです。
それを貸しきってしまって、パーティなどに使用しているケースが増えているんだとか。
以下記事から、オーナーさんの言葉を転載。

「主に20~30代の方に人気で、結婚式の2次会や合コンなどでのご利用が多いですね。
 サプライズでバースデーパーティーを開かれる方もおられます。
 車内にはモニターもありますので、音楽はもちろんDVDを流すことも可能です。
 アルコールを含め、ドリンクが飲み放題で、フードはご自由に持ち込み可能となっています。
 貸し切りの乗車人数は8名から28名まで乗車料金はお一人様4000円から。
 夏季は1日2便、それ以外の時期は1日3便が出発します。
 東京タワー、お台場、六本木、渋谷などを回りながらバスクルージングを楽しんでいただけますよ」


なるほど、これは確かに面白いかも。
もし自分の地域で走っていたら、利用していたかも知れません。

まーでも運転手さんは大変だろうな〜
運行中に立ち上がったり、大騒ぎしたりする輩が出てくるだろうし。。。
利用する方は、間違っても運転手さんに手を出さないようにしてくださいね。
2012年12月3日〜9日に発生したバスに係る事故、トラブルなどのまとめです。

■生徒8人乗りスクールバス転落、運転手酒気帯び
 3日午前7時50分頃、北海道猿払(さるふつ)村の国道238号線で、
 スクールバスが道路から転落し、通学のために乗っていた中学生8人が病院に運ばれた。
 転載元:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121203-OYT1T00466.htm

 酒気帯び運転を未然に防ぐために、各会社ではそれぞれ取り組みが行われているとおもいますが、
 なかなか難しい。仕事の前日に酒を飲むなといっても、ストレスがあったら飲んでしまうでしょうし。
 あとはホントに精神論。プロのドライバーの使命を、会社と自身で持つようにする。
 結局最後は人間の行動ですべてがきまるのですから。

■「止まるのが遅い」とバス運転手に暴行した乗客
 容疑者は乗車直後、「手をあげていたじゃないか。止まるのが遅い」と言って、
 運転手の肩をつかみ、窓ガラスに押さえつけたという。
 運転手が営業所に携帯電話で連絡したため、梅崎容疑者は窓から逃げたという。
 当時、バスには客2人が乗っており、このトラブルで11分の遅れが出た。
 転載元:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121207-OYT1T00095.htm

 ローカルな土地になると、どの地点でも止まってもらえる区間があります。
 ちょっと止まるのが遅れたのでしょうが、さすがにこの扱いは・・・・
 それにしても窓から逃げるって超アクティブですな。
アルピコさんが今年もやるってよ!!



ご興味のある方はどうぞ!:http://www.alpico.co.jp/traffic/news/000407.html

いや、俺使ったことも冬コミいったこともないけどね。


台北市は3日から、世界初の「路線バス図書館」の試験運行を始めた。
面倒な手続きは一切不要、移動の合間に車内で本を借りることができ、
読書好きの市民からさっそく歓迎の声が上がっている。
バス図書館では、対象となるバスの前方ドア横などに本棚を設置、
乗客は読みたい本があれば自由に手に取り、自宅に持ち帰ることもできる。
1台の本棚には漫画を含む各ジャンルの本、30~40冊が提供されるが、
アダルト本は排除される。1度に複数冊の借り出しはできず、
読み終わった本は本棚に返却する決まりだ。
このサービスには首都、台北、欣欣のバス業者3社からそれぞれ1路線、計62台のバスが参加。
いずれも、車いすが乗り降りしやすいように床を低くした低床バスとなっている。
台北市のカク龍斌市長は、バスが交通手段のみならず読書推進のプラットフォームになるよう期待、
バス図書館の充実のため、市民に本の寄贈を呼びかけている。


元記事:http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-1253523/

なるほど、移動型図書館ときましたか。
でもこうったバスは主が子供の頃、日本の各地域でやっていたような・・・・
まぁネットも無い時のローカルな話なので、
世界初と言われても仕方の無いことかもしれませんが。

いずれにせよバスの使い道が増えることはいいことです。
もっともっとアイディアが出てくるといいなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。